2013年10月12日

超クールなデザインがカッコ良すぎる!

2010091719-1-thumbnail2.jpg


大きなノブと天板から突き出た2本の真空管だけの存在感ある超シンプルでクールなアンプです。
なんとなく、Macminiのデザインに通ずるものがありますが22「tu:tu:」と名づけられたこのアンプは、日本人デザイナー二俣公一氏がデザインしたもので2010年に国内外で反響を呼びました。
何度見ても斬新で抜かりのないデザインはあらゆるデザインのお手本になるくらい素晴らしいです。
星をつけるなら★★★★★ですね。
デザインの仕事に携わるものとしては、この感性に脱帽です。

残念ながら音は聴いたことがないのですが、販売された当時から評価が良く音質は間違いなさそうですが、惚れてしまえばそんなことはどうでもいいかと熱が上がりそうです。
それよりも、組み合わせるスピーカーやプレーヤー、ケーブルをどうするかで悩むほうがもっと楽しいのでは。個人的には、ヨーロッパ系やJBLの高能率のスピーカーとの相性が良さそうな気はしますが・・・。

とにかく、コンパクトなのにこの存在感。カフェやバー、デザイナーオフィスなどのセンスが問われる様々な空間で威力を発揮するのは間違いないでしょう。



posted by SK at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの誘惑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77982760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック