2016年03月16日

この道具その気にさせるデザイン

IMG_1427.JPG


昨年、仙台で30年以上営んでいた知人のフレンチレストランが閉店しました。
その時に、白い丸皿を安く譲っていただいたのですが、不思議に料理に対する意欲と幅が広がり、メニューづくりに大きく役立ってくれました。
盛り付けたときの品の良さというか、気持ち良く仕事をさせてくれたのです
非凡な才能に光を与えると言ってはオーバーに聞こえるかもしれませんが、器に拘る料理人の気持ちに触れた瞬間でした。

最近、写真の鍋を購入しました。
以前から無水料理に興味がありほしかった道具でしたが、高価なものだったため悩んでいました。
そろそろ、新店舗オープンも迫ってきたこともあり財布と何度も相談したあげくとうとう決断しました。
とりあえず自宅で使うのですが、後々、お店で使えるように大きいサイズにしましたが、なんと重さが5kgほどもあるヘビーな鍋です。
重厚な造りは、素人でも簡単に美味しいものが作れるのではないかと錯覚させるほど、意欲を掻き立てる優れたカタチです。
器といい道具といい、その気にさせるデザインの力は凄いものです。



posted by SK at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの誘惑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174506257
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック