2013年11月19日

マイルスがやってきた!

miles.jpg


私がジャズを聴き始めたころは、アナログ全盛の時代でしたからレコードを買うときの判断は専門誌のジャズ評論家のコメントを参考にして購入していました。
でも、10枚買えば8割がたがハズレでしたね。たぶん、軽自動車1台買えるくらいは費やしたかもしれません。(泣)
次第に、レコードを購入するときはジャケットのデザインが気に入ったものを購入するという、“ジャケ買い”に走っていきました。ワクワク感ドキドキ感がたまらないのですが、これが結構当たるんですね。
今はとても便利になり、ネットで検索し試聴することも出来ますから気にいったものだけを購入していますが、インターネットラジオを聴いたりiTunesから好きな曲をダウンロードするなどCDを購入することも極端に減りましたね。アルバム依存からネットに依存する様になりました。

ところが先日、アマゾンからマイルス・デイビスのプレスティッジ時代のBOXセット購入のお誘いのメールがきました。覗いてみたら、鋭い眼光をしたマイルスのモノクロのジャケットデザインでした。
うわぁ〜!カッコいいなぁ〜引き伸ばしてポスターにしたい と思うくらいでした。
もうそれだけで欲しくなり即購入してしまったんです。予定もなかったのですが、これもデザインのチカラなんですね。

BOXの内容は、各CDのラベルは統一されたデザインなので、こだわる方にはおすすめ出来ませんが、代表的なアルバムが14枚も納めてありマイルス入門用としては良いセットだと思います。


posted by SK at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの誘惑