2013年11月26日

ミニのデザイン方程式とは

IMG_3493.jpg


2000年にフルモデルチェンジしたときはとても衝撃でした。
ニュービートルのモデルチェンジ同様に、クラシックミニのイメージを崩さず、まったく新しく生まれ変わった斬新なデザインは今でも新鮮に感じます。

内装は、正面にタコメーターが、そしてセンターコンソール上部にスピードメーターが配置されています。
インパネやコンソールなど、随所にエンブレムをモチーフとしたデザインが施された遊び心あるアイディアに魅了され、まるで魔法にかかったように次クルマを買うときは“ミニ”と心のどこかにありました。
今、その憧れのミニに乗っている時間は青春そのものです。

しかし、なぜ男達がミニに惹かれるのかは、その外観に似合わぬ熱い走りにあるからだと乗って初めて感じました。まるでバイクの様な加速感は快感ですし、路面の状態がアクセルペダルやハンドルに伝わる感触はスポーツカーそのものです。カスタマイズして自分だけのミニにするのも良いですが、デザイナーに敬意をはらいオリジナルのままも良いのでは。
その容姿からミニに憧れる女子もいるようですが、乗りこなすには大変手こずるかもしれませんね。

いつ見ても見飽きないデザインに触れることで、自分自身に刺激をあたえてくれる愛車に感謝ですね。


posted by SK at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの誘惑

2013年11月19日

マイルスがやってきた!

miles.jpg


私がジャズを聴き始めたころは、アナログ全盛の時代でしたからレコードを買うときの判断は専門誌のジャズ評論家のコメントを参考にして購入していました。
でも、10枚買えば8割がたがハズレでしたね。たぶん、軽自動車1台買えるくらいは費やしたかもしれません。(泣)
次第に、レコードを購入するときはジャケットのデザインが気に入ったものを購入するという、“ジャケ買い”に走っていきました。ワクワク感ドキドキ感がたまらないのですが、これが結構当たるんですね。
今はとても便利になり、ネットで検索し試聴することも出来ますから気にいったものだけを購入していますが、インターネットラジオを聴いたりiTunesから好きな曲をダウンロードするなどCDを購入することも極端に減りましたね。アルバム依存からネットに依存する様になりました。

ところが先日、アマゾンからマイルス・デイビスのプレスティッジ時代のBOXセット購入のお誘いのメールがきました。覗いてみたら、鋭い眼光をしたマイルスのモノクロのジャケットデザインでした。
うわぁ〜!カッコいいなぁ〜引き伸ばしてポスターにしたい と思うくらいでした。
もうそれだけで欲しくなり即購入してしまったんです。予定もなかったのですが、これもデザインのチカラなんですね。

BOXの内容は、各CDのラベルは統一されたデザインなので、こだわる方にはおすすめ出来ませんが、代表的なアルバムが14枚も納めてありマイルス入門用としては良いセットだと思います。


posted by SK at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの誘惑

2013年11月03日

ユーモア溢れるコインケースに失笑!

img001.jpg


某有名雑貨店を探索していたら目に付いたおかしなケース。手にとって初めてコインケースだと知り欲しくなりました。そのユニークなデザインは、チャックを開けると中から歯並びのよい歯が飛び出し変顔になるんですよ。これでもかというくらい口を開くととんでもないことに・・・
開き具合で表情が変わるのですがついつい失笑してしまいます。

けして、そのユニークなデザインだけが気に入ったわけではなく、今使っているコインケースが折りたたみのものなのですが、何度かコインが中から出てきてしまったことがあり、買い替えを考えていたところだったんです。チャック式は安心ですからね。毎回、お金を出すたびにハラハラする心配もなくなりました。素材もナイロン製のタフな造りです。
色は、赤・緑・黄・オレンジ・青の5色あったのですが好きな赤にしました。緑は、コインケースを持ったことがないという相棒にプレゼントしました。
一日にちょっとした笑いがあるといいですよね。

>>> Zipit モンスターコインケースはコチラ


posted by SK at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインの誘惑